Showdown(縮小)

オタクなデザイナーの日常と仕事の話

Just Away
プロフィール

火桜ユウ

Author:火桜ユウ
趣味街道爆進中。
政宗様至上主義。
I love Mac、イラレ。
おみやげ品なんかのデザインやら何やらをやってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
オセロゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
by Orfeon ~つれづれ日記~
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TOP > スポンサー広告 > リアルタイムネタ2TOP > 仕事話 > リアルタイムネタ2

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアルタイムネタ2   2008.10.27

今週の土曜……




例の「レ○ドクリフ」の映画の商品の組み立て作業というものを、内職工場まで駆り出されてやっていました。




皆!
映画館とかで売ってる商品やアニメ商品、おみやげもの屋の商品は、パッケージまで全部機械でやってるんだろとか思ってるだろ!



違うんだぜ。
基本は内職のおばちゃん達の手作業なんだぜ!!


一番簡単なのは、C国の一つの工場で全てのパーツが出来て、組み立て作業もやってくれて、パッケージも済ませてくれる、右から左へ受け流すという形式。
だって日本に着いたら、箱だけ差し替えて発送するだけで良いんですよ。

楽ですよ、本当に。出来れば
でも、C国でも基本は手作業です。
だから某オリンピックの時なんか人がそっちの方に行ってるものだから、見積もりが高い上に納期が遅いとか企画泣かせな事をやらかしてくれやがりましたよ。


まぁそれはそれとして……


楽とは言え、工場にも得手不得手はあるわけです。
オールマイティーな工場もあるにはありますが、見積もりが高かったりとか、
見積もりは安いんだけど、発注数(ロット)が多くなくちゃ駄目だとか、
金属は得意なんだけど、ポリ商品は苦手だとか、その逆もあったりとか……

だから、別々のパーツを別々の工場に注文して、日本に輸入させて日本の内職のプロフェッショナル・おばちゃんたちに任せたりする事が多いです。


……で、前回も書いた事ですが……


我々が取り引きしている工場の中で、C国の工場の並みいる強者たちの中でも、群を抜いてとんでもねー事を毎回してくれる工場があった訳です。

最近上司が見付けて、付き合い出した工場で、
・見積もりが安い
・何でも出来ると言う
という事が強みでした。中でも商品の値段の安さは他の工場よりも格段に安くて、早速上司S様は色々と頼んでいた訳です。







 そ し て ……






この工場は
・平気で嘘写真送ってくる
・頼んでみれば「出来ない」と言い出す
・普通に考えたら出来そうな事でも「出来ない」と言う
・普通に考えたらありそうな素材でも「ない」と言う
・納期を守らない→遅れる
・遅れたのは自分の責任であったとしても、そして納期がギリギリですぐにでも発送してくれなければ間に合わなくても「金を払わなければ送らない」と言う
・結果、尻拭いしてるとプラマイゼロどころかマイナスになっている
・そして社内全体が引っ掻き回され被害に遭う

……という、なんかもう日本人の感覚で付き合ったらそれこそミサイルでも落としてやろうかという程スゲェ奴だったのです!!

そう……この工場が、最初から羽根を輸出出来ないとか用意出来ないとか言ってくれれば、かなり早い段階から人工物の羽根を作る段取りも可能だったのです。




それが返事が遅れに遅れた結果、前回の内容と言う悲劇……。




上司S様は、前々からずっと付き合っていた工場と、もしその工場でも取れなかった場合の保険も兼ねて、日本の工場の2社から羽根を注文し、



結果、50万相当の無駄金を使う事になったのです。




……怖くて「採算は取れているのか」なんて訊けません……。





そしてもう公開の迫ったこの羽根付きボールペン。
納期もギリッギリなので、正社員・アルバイト・上司S様の知人友人・内職工場のおばちゃん全てを巻き込んだ
壮大なプロジェクトXをする事になったのです







まず土曜朝の9時半頃から作業スタート。
正社員・アルバイトの方で、羽根の軸の先端を切り、さらに羽毛部分を綺麗にカットして切り揃える作業。
そして正社員・内職のおばちゃんたちで各パーツの接着→組み立て→パッケージという分担になりました。
当会社は小さいので、正社員と言っても3、4人。
アルバイトの方は1人。

このうち、私は見知らぬおばちゃんたちに囲まれた接着作業に回されました。

話もせず、ただひたすらボールペンの一部になる金属のパーツと、羽根をくっ付けるための木の棒を、専用のボンドでくっ付けていく作業です。

しかも立ったまま。
しかも手元を見続ける作業のため、少し腰を屈めたまま。



途中で昼食に行ったくらいで




約8時間、延々とその体勢で同じ作業をしていたんです。
え?内職工場のおばちゃんたちだって大変だろ?


内職工場のおばちゃんたちはね……基本パートだからフルに働いてもらっても5時間が限界なんですよ。

朝から夜になるまでずっとその作業です。
出勤してもパソコンの前で引きこもってる超インドア派には辛すぎました。



「今日は帰るよ」と言われた頃には、
肩!腰!膝!足の裏!の体の全ての要点が悲鳴を上げる程痛くなってましたよ。

特に腰が。





そして日曜日。
上司S様は知人・友人引っ張って、また内職工場で作業に勤しむと言っていました。
でも、私やアルバイトの方、他の正社員の人には、この日まで来なくていいと言われたので、皆素直に休ませて頂きました。




色々としたい事がありました。
ありましたとも。えぇ、私も一応若い部類に入る女子ですから。

















激しい腰痛で、何も出来やしませんでした。




ずっと寝てましたよ……温湿布貼ったり、千年灸やったり……。








……『レ○ドクリフ』を観に行こうとお考えの皆様……

買えとは言いません。
多分、高いし重いしでかいし使い難いだろうし。

でも……



この商品のせいで週末潰した人間が、少なくとも10人くらいはいると思って下さい。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。