Showdown(縮小)

オタクなデザイナーの日常と仕事の話

Just Away
プロフィール

火桜ユウ

Author:火桜ユウ
趣味街道爆進中。
政宗様至上主義。
I love Mac、イラレ。
おみやげ品なんかのデザインやら何やらをやってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
オセロゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
by Orfeon ~つれづれ日記~
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
TOP > スポンサー広告 > 専門家の見所TOP > 日々つれづれ > 専門家の見所

スポンサーサイト   --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

専門家の見所   2013.11.05



【最初に】

ウチの両親は理容師です。
平たく、というか解りやすく言うと床屋です。








皆さん、
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』という映画をご存知でしょうか?

日本では2008年に公開された、ミュージカルの『スウィーニー・トッド』を映画化したものです。
ジョニデが歌う映画です。


要約すると
妻に惚れたあくどい権力者にハメられて島流しにされた理髪師が、復讐の狂気のあまり、関係ない人を殺しまくって、自分に横恋慕していたパイ屋の女主人に死肉をパイにして町中の人に食わせまくった末、救いようもない結末を自分でやらかした
という話です。


ええ、もう凄い話ですし、描写生々しい事この上ないです。
殺人+カニバリズムですからR15+指定です。



ただ、製作側・出演の豪華さと内容の凄まじさから、生々しい描写を省いたCMが結構流れていました。
TVでもですが、映画館の予告でも。

そしてウチの父は映画好きで、店が休みで映画の料金が安い日にはちょくちょく見に行きます。
当然CM見る訳ですよ。
そして最初に書いた通り、父は理容師=理髪師ですよ。



興味が湧くのは当然ですよ。




で、見に行ったようです。


数日後、私もちょっと気になって見に行きました。

……本当に凄いです。
えげつない。
そして救いがない。
殺すシーンとかもう少し何かこう、背後アングルで、とかよくありますけど、
真っ正面・アップ・大出血。

さらにパイにしてしまうシーン。

ジョニデ好きなだけで見に行ってはいけないものだったと思いました。
しばらくひき肉を見る目が変わりました。



重ねて書きますが、ウチの親は理容師です。
自宅が店です。

つまりトッドさんが使っていた物と同じ形のカミソリがフッツーにある訳です。




帰宅する間
「やっべー、しばらく店入るの怖いわー……」とか思っていました。
いや、何が起こる訳でもないんですが。
何も起こらないんですが。

ただ何かね。
13日の金曜日とか見た後、チェーンソーとホッケーマスクと湖に、極力近寄りたくないでしょう?

着信アリとか見た直後に携帯が鳴り出したらビビるでしょう?



ファイナル・ディスティネーション見た後、お湯を沸かしてるヤカンすら何か爆発するんじゃないかと怯えちゃうでしょう!?


そういう心理ですよ。




色々と考えながら帰宅。





私「ただいまー『スウィーニー・トッド』観て来たよ……」

父「おぅ、凄かったろ?」

私「うん、怖かった……殺人シーン生々しくて……」








父「俺は冒頭でトッドとひげ剃り対決した男の手つきが危なっかしいのが怖かった。








 !?∑L(゚ロ゚L)















えー……。
専門家とそうでない人との見所は、
直角ばりに方向が違うようです






まぁ、私も何か広告やら看板やらでを見て、
「あ、このフォント持ってる」とか「この素材……フリー素材で見かけたあれだな」とか思ったりして、内容は頭に入れてなかったりしますが。










それにしたって、
あんなスプラッタ・ホラーな映画をその一言で片付けた父上すげーわ。



さすが40年以上やってるだけあります……。

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
«  | HOME |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。